スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近代能楽集@さいたま芸術劇場

『卒塔婆小町』の高橋洋、『弱法師』の藤原竜也共々
まばたきせずに芝居しているのがはっきりわかる少々前過ぎの席で観劇。

『卒塔婆~』

壤 晴彦さんの安定感。
⇒Moreへ。。。
今回は会場がよく笑ってた。
鹿鳴館のシーンに転換するとき、詩人が思い切り驚いてたのにびっくり。
視覚的に変わってるんだー、と。

ラスト小町の
「。。。もう、、、百年。。。」
の“もう”。
今まで「もう(あれからはやくも)百年(経った)」
と言ってるのかと思っていたのだけれど、
今回「もう(あとこれから)百年(経たねば愛する人に会えぬ)」
というニュアンスに初めて受け取れた。

nou.jpg

『弱法師』
夏木マリさん@桜間級子の帯留、こんな感じの能面帯留
『能』にかけてるんだろうな~とか思いつつ。
目がいってしまう。

呂の着物同様透けそうな華奢な姿。
。。。とは対照的に骨太な級子像でした。
やわらかい手はしてなさそう、、、
(などと言っては失礼ですが。何しろ鍛えてらっしゃるので。)

俊徳の衣装に色が入ったのは、何故だろう。
姿は真っ白、なのに真っ黒、好きだった。。。

今回はかなり直球に役者が身体で表現してるので
困惑するも、あらためてものすごい戯曲だなぁ、と。
london.jpg

あくびの“アベック”女性(月川勇気)が言い放つ
『な~んて趣味の悪いネクタイ・・・』
のネクタイと
俊徳の白&青ストライプネクタイが色違いに見えて
なんかイヤだった…わはは。

あとホントどうでも良いんですが、
高橋洋、藤原竜也両者とも八重歯で
ふたりして超ほがらかな役をしたらなごみそう♪
米国的に受けはどうなんでしょう。

藤原竜也の声色の使い分けは、
読売劇評で手放しで褒めてありましたが
もっと流れで使い分けられれば。。。
ぶちきれてるからちょっと違和感が。
“天保~”以降、また変わっていくのでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

caco♪

  • Author:caco♪
  • お茶と芝居と音楽の日々。
    娘が生まれ、ハンドメイド魂に火がついたかも??
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。