スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エターナル・サンシャイン

『エターナル・サンシャイン』
etarnal.jpg

監督 :ミシェル・ゴンドリー
脚本 :チャーリー・カウフマン
音楽 :ジョン・ブライオン

出演 : ジム・キャリー 、ケイト・ウィンスレット
キルステン・ダンスト 、マーク・ラファロ
イライジャ・ウッド
 
 
 氷に寝っ転んでるポスターではジム・キャリーとケイト・ウィンスレットが主演してることに全く気づかなかったのですが。
 
 ジム・キャリーが真面目な顔をしているとかっこ良いということに気づく人が多いようですが。っていうかもともと好きな顔ではあるけれど、改めてかっこ良いなぁと。でも、年取ったねー。。。ほっぺたが重力にひっぱられてた。ケイトは、『ネバーランド』といい。。。
↓Moreへ
彼女の選ぶ作品にはずれは無いようで。
 
 クレメンタイン(ケイト)は衝動的な性格で、正反対の性格の恋人ジョエル(ジム)とケンカしその辛さから逃れる為に彼との想い出の記憶を消去してくれる会社に依頼しジョエルに関する記憶を全て“消して”しまう。それを知ったジョエルも同じようにその会社に彼女の記憶を消してくれるように依頼するのだけれど、消去作業中に“やはり消したくない!!”と抗い、自分の中のクレメンタインと力を合わせてなんとか記憶を消すまいと頭の中を逃げ回る。
 
 
 映画はジョエル側から描かれている。ジョエルの脳内クレメンタインはとてもキュート。海辺のシーンの台詞ひとつひとつ(クレメンタインだったらこう言うであろう、というジョエルの心が作る彼女の台詞)が全て良かった。記憶消去後のふたりが想い出の場所に無意識に向かっている所とか、それに気づくだけで泣ける。医者と奥さんと受付嬢のサイドストーリーもおもしろそうだし、クレメンタイン側からの話も見てみたい。 

 カセットテープに録音された相手の悪口にいちいち『ホントはそんなこと思ってない』とか言うのもかわいいし。ラスト、ふたりがにこっとして終わって本当に良かった。互いの欠点を受け入れて、さらっと日常に戻れる幸せ。上映時間 107分。

 映画ではむちむちケイト、が、先日のアカデミー賞授賞式ではダイエット(デトックスという自然治療プログラム。体内の毒素を排出するというもの。)に成功したとかで、美しい。『ネバーランド』ではなくこちらの『エターナルサンシャイン』で主演女優賞ノミネート。(ついでに助演女優賞ノミネートで『クローサー』ナタリーポートマン。ドレスがめちゃくちゃかわいい!!ランバンのライトブラウングレーのワンピース。ドレープがきれい。微妙に透けてるし、胸元はがばばーっと開いているにもかかわらず上品。)


NT.jpg

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

制作裏話『 エターナル・サンシャイン』

『 エターナル・サンシャイン』の原題は『ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND』で直訳すれば「潔白な精神の永遠の日光」。それを邦題では簡略に『エターナル・サンシャイン(永遠の日光) 』としています。『エターナル・サンシャイン』は「マルコヴィッチの穴」のチャー

★「エターナル・サンシャイン」

今月は見たい劇場公開作が多いなぁ。チネチッタでレンチャンで見てきた1本目。「マルコビッチの穴」のC・カウフマンがアカデミー賞の脚本賞取ってるしー、コメディ系のジム・キャリーが真面目な役やってそうだしー、こりゃ必見のラブ・ストーリー。2004年製作の107

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

caco♪

  • Author:caco♪
  • お茶と芝居と音楽の日々。
    娘が生まれ、ハンドメイド魂に火がついたかも??
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。