スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左耳は音楽♪右耳は言語。

昨年の9月頃新聞にこんな記事が出ていた。

【左耳は音楽・右耳は言語、互いに役割分担…米大研究】 
今まで脳において役割分担があるとは言われていたが、右耳左耳、それ自体の働きにそれぞれ違いがあるという記事だった。
⇒詳しい記事内容はMore一番下へ↓piano01web.jpg


 その記事を読むまでの脳と耳との関連は

右耳が左脳(言語)、左耳が右脳(音楽)”。

 でも常々思っていたのが、鈴虫や小鳥のさえずりを敏感にとらえる国(例えば日本人)と、雑音としてとらえる国の人々(と大きく分けるのは乱暴だけど)がいるから・・・
↓Moreへ。。。
『欧米の人々と日本人では言語に関して使っている脳の範囲が違うんじゃないかなーっ』
 ということ。

 脳と音楽と手に関する調べ物をしていたら、音における右脳と左脳の有効性についての記述が出てきてちょっとおりこうになった気分。

 日本人と西欧人は、母音・邦楽器音・泣・笑・嘆・甘・ハミング・感情音・鳴声(動物・虫・鳥)において右脳と左脳の働きが逆転しているらしい。
  
  ◆日本人◆
≪右脳(左耳)≫    ≪左脳(右耳)≫  
音楽            言語音
西洋楽器音       子音
機械音          邦楽器音
雑音            母音、泣、笑、嘆、甘、ハミング
              感情音、鳴声、動物、虫、鳥、

              計算
              
    ◆西欧人◆
≪右脳(左耳)≫    ≪左脳(右耳)≫  
音楽            言語音
西洋楽器音        子音
機械音           計算
雑音
邦楽器音
母音、泣、笑、嘆、甘、
ハミング、感情音、鳴声
動物、虫、鳥


 件の右左の耳の役割についての実験対象は乳幼児三千人
どこの国の、とは書いていないが乳幼児というからにはまだ喋ったりできないということ。
 母音・邦楽器音・泣・笑・嘆・甘・ハミング・感情音・鳴声・動物・虫・鳥。。。に関する左右の脳の優位性の違いは、育つ環境によるということか。っていうか、後天的な要素を排除する為に乳幼児を対象にしたという方が正しそう。

 絶対音感を持つ人は西洋音楽を聴いても“ド~レ~ミ~♪”と音が言語化されてしまい右脳ではなく左脳が使われるのでリラックスできないことがあるらしい、というのは有名な話。

 が、楽譜を読んで演奏したときには言語領域がほとんど活性化しないという報告もあるのだとか・・・じゃ、どこが活性化してるんだろう???


>【2004年9月・読売新聞】(ワシントン=笹沢教一)

◆左耳は音楽・右耳は言語、互いに役割分担…米大研究

 耳の働きには左右で違いがあることが、米カリフォルニア大とアリゾナ大の乳児約3000人に対する聴覚測定の研究でわかった。

 右耳は主に言語を強調して脳に伝え、左耳は音楽に対して同様の反応をするという。これまでも左右の聴覚機能に違いがあるとする説があったが、耳自体の働きは同じで右脳と左脳の違いによるものと考えられていた。

 今回の結果は、乳幼児の教育や聴覚障害の治療、リハビリなどに役立つものとして注目されている。10日付の米科学誌サイエンスに発表された。

 研究チームは、乳児の聴覚測定と同じやりかたで、小さなマイクを外耳道に入れ、特定の音を聞かせて、内耳から発する「耳音響放射」と呼ばれる小さな音を測定した。耳音響放射は、内耳の感覚細胞が音を神経への信号に変換する際に振動して生じたもので、単なる音の反響ではなく、感覚細胞が特定の音に反応した結果が反映されると考えられている。

 測定の結果、左右の耳音響放射には明らかな違いがあり、右耳は言語のように断続的なかちかちとしたクリック音に対し、より強く素早く反応、音楽のように連続的な音程(トーン音)に対しては、左耳が強く早く反応していることが確認された。

 脳の聴覚中枢にも左右の違いがあり、言語や会話などは左脳が、音楽には右脳が反応しているとされ、左脳は右耳、右脳は左耳を制御している。研究チームは、左右の耳の違いが左右の脳の違いを助ける役目を持っていると推定しており、「人工内耳の移植など一部の外科治療の基準にも変更を迫る発見」としている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

caco♪

  • Author:caco♪
  • お茶と芝居と音楽の日々。
    娘が生まれ、ハンドメイド魂に火がついたかも??
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。