スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"THE LAST FIVE YEARS"

 Amazonで注文していたCD二枚届く。
20050321021603.jpg

THE LAST 5 YEARS
              ⇒サイト

 。。。大変だ。これはすごい。。。まずはピアノおもちゃのピアノで弾くようなかわいいワルツのフレーズから弦が加わり一気に世界に入る。耳がぐーっと惹き付けられる。贅沢な音

 作詞・作曲者のJason Robert Brown ジェイソン・ロバート・ブラウン。シンガーソングライターでもあるそうで、1999年トニー賞ミュージカル部門賞オリジナル音楽賞を受賞。『Parade』。冤罪を扱った重い内容にも関わらず、芯のある曲と作品力を持ち、ロングランとはならなかったものの高い評価を受けた様子。

 L5Yの曲について。少し聴いただけでも、歌唱力・演技力・表現力が必要とされることが一目瞭然。いや一聴瞭然。これは・・・。
↓軽いネタバレあり。Moreへ。

~出会いから結婚を経て現在への物語を歌う男性ジェイミーと
 現在から過去へと遡る女性キャサリン。
 ふたりの物語が唯一重なるのは一番幸せだった結婚式の場面…。~
 

別れる寸前ぼろぼろのアイルランド人(カトリック)キャシーと初デートを前にしてうきうきのユダヤ人ジェイミー。二人の時間が重なるのは結婚式のその時だけ。うわー。切ないです。

 最後まで止めることなく一気に聴き続けてしまった。こえは期待できる!心配材料は日本語翻訳と未知数の女性キャスティング。 
 
 印象としては『RENT』『tick,tick...BOOM!』ジョナサン・ラーソン、というこはスティーブン・ソンドハイムやバーンスタイン系。現代的でロック色も強いけど、ジャズありポップスあり。キャシーのナンバーは特にかなり色々なスタイルで書かれてる。弦が入るとまたおしゃれ。かなり良い!!

 この手の作品、歌で芝居できる山本耕史なら納得。オリジナルキャストのNorbert Leo Butzの声も彼ほどこもってはいないけど、声質かなり近い。一瞬だけどファルセットも聴けそう♪役柄も合ってる。
 
 同じくオリジナルキャストのキャシーSherie Ren・Scottの声は少しアルトで超好み。リア・サロンガの声を少~し太くしたような感じ。声も意外に伸びる。横だけど。喉にあててもうるさくならない声。

 しかしこれはかなりの難役。それぞれがほぼ独白のソロナンバー。。。ただの歌。という訳にはいかないです。でも、まぁ今回は集客は心配無いと踏んだとあってか女性キャストは歌で選ばれた感ありなので、そっち面では期待できるかな??でも『tick,tick...~』の前例があるからなー。。。

・・・なんとか、頼みます。

 それにしても。
大河『新選組!』土方ファンになってこのミュージカル来る人の感想を聴きたいききたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

caco♪

  • Author:caco♪
  • お茶と芝居と音楽の日々。
    娘が生まれ、ハンドメイド魂に火がついたかも??
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。