スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミス・サイゴン@帝国劇場

ミス・サイゴン@帝国劇場

  エンジニア・市村正親  キム・松たか子  
   クリス・井上芳雄    ジョン・坂元健児 
   エレン・高橋由美子  トゥイ・泉見洋平
  
 
“伝説のエンジニア”市村正親さんのエンジニアを終に観る機会に恵まれた。
帝劇C列はじっこの独り席というのも初めてで、斜めに座ってるとはいえ左右と前に誰も居ないというのはかなり良いもんですね。

 さて最近は映画館でも携帯の電源を切るよう促す映像が結構凝っていたりするけど、今回のサイゴン公演では出演のエンジニアがliberty.jpg

アナウンスを担当。

『電源は切りましたか?・・・本当に?・・・ちゃんと切ってくれないと、こっちが切れますよ・・・??』

市村さんはこんな感じ。他の筧・別所・橋本エンジニアでもそれぞれ工夫が凝らされているようで。

 キムの松たか子。芝居は安心。歌はキーを下げ、なんとかかんとか。練習仕込んでいる曲とそうでない部分の差が大きい。表情が見える席だったので、お芝居の説得力で歌の拙さをおぎなってもらった感じ。特に二部以降は喉があきらかに限界に近づき、ずっこけ気味。とはいえプレビューと初日までの期間で随分歌唱力があがったという噂なので、11月の楽に向けて歌い込む内にかなりよくはなるに違いない。

“The Movie in My Mind”(我が心の夢)。。。しょっぱなからジジ役の杵鞭麻衣が随分不安定な音程で、低音で歌いにくそうに歌っているので何かと思ったらジジに続けて歌うキムのキーが高くて松たか子さんが無理で下げているのでした。普通に下手に聴こえるので気の毒。抜群の歌唱力で魅せて欲しいところだったのだけれど。気の毒だけど、下げるならそれなりにもっと低音の効くキャスト選びをして欲しい。なのにその後のキムは“死んだ方が良い”と低音でぐっと締めて欲しいところは逆に自分でキーを低くしたが故に今度は低音が出ずにオクターヴ上げて歌うという。。。うーん。

“Sun snd Moon”。。。井上芳雄の歌声は想像通り。高音域になると急に頭蓋骨のてっぺんから音が出だすのだけれど、これも歌いこむうちソフトになっていくと思われる。もともとがテノールなので仕方ない。全体的には顔がどうしても日本人な他は背が高く立ち姿もきれいで、若くてそれ故に問題も多い青年クリスにぴったり。

キムとクリスがサイゴン陥落で引き裂かれた三年後。一幕ラスト部、元許婚のキムをなんとか手に入れようと迫る泉水トゥイに向かって歌うフレーズがプッチーニのオペラ蝶々夫人ある晴れた日に”の有名なメロディー。そこにのせられた言葉はクリスとの子ども、タムという印がある母の力強さ。ここはちょっと鳥肌立ちました。タムを殺そうとするトゥイめがけて銃の引き金を引いた後、合唱が入ってから中途半端にもう一回銃声がして、とどめを刺したのかと思ったのはただのハプニングでした。

“Bui-Doi”。。。一幕でクリスを元気付けるため女遊びをさせようとキムを提供した張本人?の坂元ジョン。アメリカ。二幕頭で歌うこの曲。ゴスペル調で、このためにジョンにはアフリカンアメリカンをキャスティングすることが多いらしい。極端なクレッシェンドは禁じ手だけど。“ブイドイ”とはアメリカ兵とベトナム女性との私生児の呼び名。“政策のごみくず”というような意味らしい。ベトナム戦争時に生まれたハーフのこどもたち、しかも引き取り手も無いこの子たちをひきとって育てよう、という慈善運動を初め性格180度変わってるジョンのソロ。これがすごい。坂元さん歌うますぎ。すっごいうまい。アンジョルラスはカリスマ性に欠けるとか言われてたけど、今回の井上クリスとのバランスはばっちり。全体的に若くて、納得できる。

The American dream”。。。市村さんはもう突き抜けちゃってるので。歌がどうとか活舌がどうとか細かいことでは語れない(褒めてる)。観客全員に愛されるこのキャラクターがエンジニアには必要なので、ばっちり。きっと他のエンジニアは別の方法でアピールしてるだろう。

アメリカでキムを救えなかったショックからPTSD(と思われる)にかかり言葉を無くしふさぎこんでいたクリスを救い、今や妻となったエレン高橋由美子。嫌いじゃないけど、アメリカでの三年間が描かれない分、無条件に歌で説得できる歌唱力のある人を持ってきて欲しい。キムのことを黙っていた夫を許しちゃう位の人だし。無理無理ー。

結局キムは、自分がいなければタムをアメリカに連れて行ってもらえる、と考え自殺。蝶々夫人のアメリカさんピンカートンはまるで良心の呵責を感じていなくてこうなるけど、クリスの場合かなり立ち直れなさそう。。。井上さんのクリスはそういう時代にまきこまれた悲しさが出てたように思う。。。っていっても時代は三十年程度前の話なんだけど。

 お花投げで坂元ジョンの花束キャッチ♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

caco♪

  • Author:caco♪
  • お茶と芝居と音楽の日々。
    娘が生まれ、ハンドメイド魂に火がついたかも??
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。