スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレイヤー@シアターコクーン

プレイヤー@Bunkamuraシアターコクーン

[作]前川知大
[演出]長塚圭史

[出演]
藤原竜也   仲村トオル
成海璃子
シルビア・グラブ
峯村リエ / 高橋努 / 安井順平 / 村川絵梨 / 長井短
大鶴佐助
本折最強さとし / 櫻井章喜 / 木場勝己 / 真飛聖


<舞台は地方都市の公共劇場、リハーサル室。
国民的なスターから地元の大学生まで、様々なキャリアを持つ俳優・スタッフたちが集まり、演劇のリハーサルが行われている。
演目は新作『PLAYER』。幽霊の物語。死者の言葉が、生きている人間を通して「再生」されるという、死が生を侵食してくる物語。>

<行方不明の女性、天野真(あまのまこと)が遺体で見つかった。
死後も意識として存在し続けることに成功した彼女は、友人達の記憶をアクセスポイントとして、友人達の口を借りて発言するようになっていく。
事件を追っていた刑事、桜井を前に、天野真を死に導いた環境保護団体代表であり瞑想ワークショップの指導者、時枝は、これは世界を変える第一歩だと臆面もなく語る。
死者との共存が、この物質文明を打開するだろうと。
カルトとしか思えない時枝の主張に、桜井は次第に飲み込まれてゆく。>

1幕から休憩に入ってこれはすごい!!っと思いパンフレット購入。

死者の言葉を再生する存在という意味での「プレイヤー」と、
脚本に書かれた言葉を口にし演じるという意味での「プレイヤー」。

役者さんに取っては、いろいろごちゃごちゃしそうな感じだけど
みなさん楽しそうに演じてた。

自分のプレイヤーを探す、指名する、のくだりは
唸った。
でも、生きている=体があるうちに、おいしいものとかたくさん食べておかないとね。


1幕終了時の期待感が大きすぎて。。。
2幕結末は小劇場にいるようなもやもや気分に。
とは言え豪華な役者陣の見ごたえのある時間でした。





ビリーエリオットで観たばかりの吉田鋼太郎さんが客席に。
数席於いて、市村正親さん。
浅野 和之さん、林遣都さん、大政絢さん。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

caco♪

  • Author:caco♪
  • お茶と芝居と音楽の日々。
    娘が生まれ、ハンドメイド魂に火がついたかも??
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。