スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜叉ヶ池@PARCO劇場

夜叉ヶ池@PARCO劇場
20050308011457.jpg
原作:泉鏡花 脚本:長塚圭史 演出:三池崇史
出演:武田真治・田畑智子・松田龍平・松雪泰子・遠藤憲一・きたろう
   綱島郷太郎・涼平・鈴木ユウジ・萩原聖人・丹波哲郎 他

 
華やかな役者陣に三池崇史(演出)、長塚圭史(脚色)、会田誠(美術)。原作は泉鏡花。

 脚色のせいなのかかなりわかりやすい。初めの白髪のカツラ、きれいだったので脱いでほしくなかったなー。演出・芝居ともにPARCO劇場サイズ。ということに尽きる。

武田真治身毒丸以来の舞台なのかな?台詞のたびにオーバーアクションなのがちょっと気になったけど、サックス吹いてるとこしか生で見たことなかったので、、、身毒かまだDVDになっていない時にはTSUTAYAで借りた武田版の“身毒丸”、よく見たっけ。。。

 田畑智子もかわいい。声ちっちゃいのに聞こえないわけじゃなくて、なんか不思議。大劇場タイプではないけど。あきらかに。

 松田龍平、キャラなんだろうけど、自分の声より少し低い声で演じてるみたいだった。立ち姿が独特で、妙に存在感があって。席も前の方だったので、かなり救われたかも。

 萩原聖人うまくなったな~って思ったり。“S~記憶のけもの~”の時にはがんばってるけどそんなうまいと思わなかったもんね。彼がらみのシーンは安心して観ていられた。

 松雪泰子はちっちゃくて細くてきれい。の割にパワフルで、これからも舞台に出て欲しい。

 顔ぶれの割りに普通な舞台の印象。
丹波御大の“朗読”、すばらしかったです。いやホント。いろんな意味で。いやほんとに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

caco♪

  • Author:caco♪
  • お茶と芝居と音楽の日々。
    娘が生まれ、ハンドメイド魂に火がついたかも??
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。