スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュアスケート♪

やっとこさ始まった女子フィギュア♪

オリンピックって開会式とか競技をしている人を見るだけで
じわーっと涙がでてくるのは何故でしょう。

曲も注目。
シンクロでの日本の曲はちょっとしつこい位になってますが。
日本人の曲を使ったのは安藤美姫さん。
前に観たときは曲にものりにくそうだし振り付けもどうだろって思ったけど、今回はやっぱりのりにくそうなもののなじんでた感じ。

別にこだわってるわけではないのだけれど
自国出身やルーツの作曲家の曲を使ってたりすると、それもまた“オリンピック”っていう国を代表する人たちの意識にもつながってるのかなー、なーんて思ったり。
 
 それにしてもコーエンとスルツカヤは圧倒的。

コーエン  ロシア民謡『Dark eyes』
スルツカヤ リスト 『死の舞踏』
荒川静香  ショパン 『幻想即興曲』
村主章枝  クック『トスカ・オリージャ』 『悲歌』
コストナー エンニオ・モリコーネ『ガブリエルのオーボエ』 
マイズナー ガーシュウィン『アレグロ』
安藤美姫  坂本龍一 『戦場のメリークリスマス』
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

同感~!

シンクロでの日本の曲、しつこいですよね?
やっぱり同じように思ってる人、いるんだ。良かった(笑)

オリンピックだし、自国の曲にこだわるのもアリだと思うのですが、
シンクロもフィギュアも、動きの流れ方や、柔らかさによって選手が魅力的に見える競技。
「静」が魅力の能や狂言に合わせられる日本の楽器の曲は、
やっぱりシンクロには合わない!と私は思います(笑)

安藤さん。確かに前回見た時よりも馴染んでいましたよね。
でも、やっぱり村主さんや荒川さんと比べて
全体的に固かったな・・・・と私は思いました(笑)
コーエンとスルツカヤは本当に圧巻!
でも、村主さんの得点にちょっと不満がある私です。
フリーが楽しみですね!




曲。

曲と動きがあってないと気持ち悪いんですよねー。シンクロもフィギュアも見るのは大好きなんですが♪

いよいよ明けて今日ですね、楽しみですねー♪

金メダル♪

ということで金メダルー♪
やはり表現する力のある人がトップにたつんですね~
すごいすごい♪
プロフィール

caco♪

  • Author:caco♪
  • お茶と芝居と音楽の日々。
    娘が生まれ、ハンドメイド魂に火がついたかも??
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。