スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロミオとジュリエット@日生劇場

ロミオとジュリエット@日生劇場
ek-L0409_068.jpg

 パンフレットの後ろに載ってた“映画に見るロミオとジュリエット”の三本
。。。【ロミオとジュリエット(’68)】、【ロミオ十ジュリエット(’96)】、【ウエスト・サイド物語】。。。
は全部観ていたのだけど、今日の芝居を改めて見ると覚えてないシーンもあったりして新鮮。

 1968年の映画では、ジュリエット役のオリビア・ハッセーが余りにも可憐で気が強く大胆で、ロミオ役のレナード・ホワイティングはすっかりかすんでしまっているのだけれど、今回お芝居を観て改めてジュリエットに重きを置いた作品なんだなあと感じた。ロミオ特にかっこ良くないし。なんかもうジュリエットはとてつもなく清楚で可憐な役者さんにやって欲しいので、それだけに杏ちゃんの線の太さちょっぴり気になるけど、まあジュリエット14歳の実年齢に近い役者さんを探すとなると妥当なんだろうなー。一本調子で普通にしゃべってる時より、興奮して嘆いたり叫んだりしてるときの方が良いね。二幕は良かったし。

 今日は中日なので、最終日に期待。休憩中江口洋介とすれ違った。でっかかった。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

caco♪

  • Author:caco♪
  • お茶と芝居と音楽の日々。
    娘が生まれ、ハンドメイド魂に火がついたかも??
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。