スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エッグ@東京芸術劇場

NODA MAP第17回公演 

会場:東京芸術劇場 プレイハウス
作・演出:野田秀樹
キャスト:妻夫木聡/深津絵里/仲村トオル
     秋山菜津子
     大倉孝二
     藤井隆/野田秀樹/橋爪功


芸劇が新しくなって初めての公演。
小雨の降るちょっと寒い夕方、劇場に入ると天井がスコーンと広く抜けた感じ。
おお~!
大ホール直行の長ーいエレベーターが無くなってる。
あっ、なんかビール飲んでる人たちがいる!
(ベルギービールのお店らしい。スーツのおじさまたちが楽しそうに食事してた♪)

音楽&ネコグッズの雑貨屋も。
おにぎり屋さんもある。
おにぎり食べよう。。。っと並んだら『おにぎり売り切れで、お茶漬けとかしかないらしい』っという声が聞こえたのでそーっと離脱。

直前に買ったベーグルをもそもそ食べ、夫君と合流、ベーグルもう1個をあげると速攻でお腹に入れそのまま座席へ。

ど真ん中!
最近夫君はとても良い席を引き当ててくれてます。ありがとう~。
会場の『プレイハウス』の壁は、レンガの間からコンクリートが見えて素敵。

そして開演。

奇妙なスポーツ『エッグ』の話から、実はそれがスポーツなどではなく
731部隊の隠語であるという話になっていく。
スター選手の交代劇と責任者のなすりつけ。
前半のエッグ(スポーツ)と音楽の熱狂(深津絵里演ずる歌手)。
芸術監督の思い込みによる誤読(男女の、歴史の)などなど。

音楽は椎名林檎さんが担当されたそうで、深津絵里の歌のうまさに驚愕。
彼女は歌手だったんだね~。マジックアワーでも上手でした。
惜しくも声が甘過ぎて幼すぎる感が。ヘビメタガールには見えなかったけどそこは狙い??
満州国、歌手、というキーワードだけで李香蘭を連想してしまったけど。
この前半部分はいまいちのれなくて、うーーんちょっと左の席の爆睡しているお姉さんの気持ちがわかるかも。。。っという感じで観てました。

後半、エッグなんてスポーツは無いという所から細菌兵器の話になるにつれて
おもしろく。。。なんて言うと不謹慎でしょうか。。。なってきた。

小学生の高学年~中学生の時には何故か(なんでだっけ??)731部隊関連の書籍を読んだりしていたので
キャスト表の女学生『○太、△太、□太』というのには、話を見終えて家に帰るまでにぼーっと役名をながめていてようやく思い当たった。。。
細菌部隊の人体実験に使われる被験者は『マルタ』と呼ばれてたんだよね。
で、女学生『○太』はスパイ疑惑で捕えられ、実験施設に。
大倉孝二さん演ずる『エッグ』作る側の彼も、病気になったことから施設へ。。

ガス室の伸びるゴムみたいなセットは怖くて怖くて背筋がゾ~っとしました。
思い出すたびしばらく怖かった。。。

ラスト、野田さんのお説教で終わり。
この世代の人がいなくなったら、完全に忘れ去られてまた同じことになるのではないかなぁ。
なんのためにそうなってしまうんだろうか。
子どもたちの世代は守りたいなぁ。と、思った。
そしたらその子どもの世代も守れたら良いよね。
みんながそう思うと良いなぁ。

芸術劇場、保育士常駐託児ありのキッズルームがオープンしたそうです!!!!
それはすごい。


スポンサーサイト
プロフィール

caco♪

  • Author:caco♪
  • お茶と芝居と音楽の日々。
    娘が生まれ、ハンドメイド魂に火がついたかも??
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。