“幻に心もそぞろ狂おしのわれら将門”

 
 “幻に心もそぞろ狂おしのわれら将門”@シアターコクーン            
          masakado_sub.jpg

  出演: 堤 真一 木村 佳乃 段田 安則 中嶋 朋子 高橋 洋 田山 涼成 他
。。。敗走する将門軍。大将である将門は逃げ落ちる途中、頭に大怪我を負い、自分自身を将門を狙っている武者であると思い込むという狂気にとり憑かれる。。。
 
 NINAGAWA VS COCOON’05と銘打った蜷川幸雄怒涛の四連発@シアターコクーンの一発目。さんが出てくると空気が変わる。段田さんの声も良いし。三方囲む巨大な階段に落ちる瓦礫の音は強烈。

 狂気の大将に混乱し苦悩する影武者たち。なんか「七人将門」という分身説があったそうで、すごいね。舞台でも影武者四人位がずらっと並ぶ場面あり。高橋洋は今回も脱いでました。彼はいつも脱がされてますが、今回も良い所をかっさらっていて役得。一幕でいなくなってしまうのは残念。

 二階席前方ということもあり、照明が美しかった。舞台に沿って一列に並んだライトを一斉にぐわーとこちらに向けて目潰し・・・度新感線風?とか思っていたら本当に新感線で照明をやられている方だそうで。

 浅間山荘事件をモチーフにしたという音効や鉄球や言葉の使い方は戯曲が発表された1975年の“時代”に沿ったもの。『陶酔と苦悩を分けろ』なんてしゃべりだす将門にびっくりした。それをちょこっと聞きかじっていたので違和感は無かったけど、どれだけ演出家の意図が伝わるかは世代で差が出るっていうか隠れ蓑っていうか。。。
 
 狂気の中で子どものように無邪気に振舞う将門。なのに平気でばっさばっさ殺すのは怖かった。“正気の将門”こそが狂気=仕立て上げた偽りの姿である、という恐さ。集団の中での狂気って恐い。
 

 追加。狂気の堤真一@将門に愛されすっぽり包まれてる中島朋子@ゆき女。汚れ役を体当たりで演じている中島さんですが、ここ、めちゃくちゃかわいかった。(っていうかうらやましかった。)

スポンサーサイト

開設~♪

  FC2ブログで書きたい放題。
 わーいわーい。

“オペラ座~”で踊っている人は誰??

映画『オペラ座の怪人』
              20050304161155.jpg

 
 “マスカレード”で異常にめだっているダンサーホセ・ティラード
ばりばり踊っているのでダンスシーン中誰々??パンフにも説明なし??
 
 マドリッド生まれの彼は、英国ロイヤルバレエに参加後数々の振付家のレパートリーで活躍。2003年退団。なんとなんと、この2月には、勅使川原三郎のカンパニー KARASの新作「風花 KAZAHANA-snow from the blue sky」(新国立劇場)出演のため「SWAN LAKE」ロンドン千秋楽の翌日、飛行機に飛び乗って来日したのだとか。公演はすでに終了。コンテンポラリーダンスにミニマムミュージック。素人には難しそう
 が、3月12日まで公演の『Matthew Bourne's SWAN LAKE』に出演中。もちろんThe Swan / The Stranger 。“リトル・ダンサー”のあれ。前回の“白鳥祭り”の発端となった目玉スワン=アダム・クーパーは2月末まで自分の公演で日本まわってるし、不思議な感じ。あれから一年しかたっていないとは。。。<白鳥
 今回は予定していないが、彼の踊る姿をちゃんと見てみたい。

“オペラ座の怪人”

The Phantom of the Opera
 ⇒オフィシャルサイト      ⇒Yahoo!ムービー作品詳細
3a90eaecf6934759059665265aa29e3a.jpg

  
監督:    ジョエル・シューマカー 
製作・音楽: アンドリュー・ロイド=ウェッバー 
原作:    ガストン・ルルー
出演: ファントムジェラルド・バトラー  クリスティーヌエミー・ロッサム 
    ラウルパトリック・ウィルソン  カルロッタミニー・ドライヴァー    
    マダム・ジリーミランダ・リチャードソン
 
 ファントムが“かっこよすぎ”“セクシーすぎる”っていう前評判を聞いていたけど、確かにかっこよい。
“エビータ”のアントニオ・バンデラスちっく。オペラ歌声のカルロッタ役の役者さん以外はみんな自分で歌ってるとか。「Think of me」のクリスティーヌの時点では弱いかなーっと思ったけど、(初プリマ設定だし)カルロッタとの対比としてまっすぐに歌ってたということで。あとはもう慣れた~。。。

 オープニングのテーマではホントぞくぞく震えが。白黒から過去のカラーになるとこ、オペラ座が甦るそんなとこで泣けてきてびっくり。っていうか、中盤のもったりした歌連続⇒眠気・・・が終わった後の盛り上がりからどうしようもなく泣けてきちゃって、ラストなんか舞台とはまた違ってたりして、肩が震えて嗚咽する位もうどうしようもなかったです。びっくり。クリスティーヌのばかばかー  。。。クリスティーヌの役者さん、17歳だそうでこれまたびっくり。

 音の質が良くて、映画館ならではの迫力に満足。もちろん会話部分もほぼなので、ミュージカル慣れしてない人にはちょっと辛いかも。曲を知っているにも関わらず中盤『長いなーっ』とか思ってしまったので。女性に受けが良いようですね~。

⇒パーフェクトガイド買っちゃった。 おまけDVDが豪華。

 

“キレイ”再演キャスト

「キレイ」(7/6~30@Bunkamuraシアターコクーン)再演。

酒井若菜 高岡早紀 阿部サダヲ 片桐はいり 橋本じゆん 宮藤官九郎 大浦龍宇一 松尾スズキ 秋山菜津子 岡本健一

。。。とのこと。

 初演で奥菜恵演じたケガレに酒井若菜南果歩さん演じたミサに高岡早紀。ついに酒井さんは舞台まで引っ張り出されたって感じです。古田新太のダイズ丸に橋本じゅんかな?大浦龍宇一と岡本健一はなんだろう。
 3月末までキャスト募集中D110480201.jpg

プロフィール

caco♪

  • Author:caco♪
  • お茶と芝居と音楽の日々。
    娘が生まれ、ハンドメイド魂に火がついたかも??
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク