スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュシャ展@国立新美術館

国立新美術館
スポンサーサイト

箱根 ポーラ美術館

ポーラ美術館 シャガール展 “私の物語”
       

天井が高くガラス張りの館内はモダンで広く、人も少ない。
人の頭を見に行っているような都内の美術館とはそれだけで大きく違う!!

それでいてこの内容の濃さ。
展示作品の多さ。
お腹いっぱい。

まずシャガール。
総展示数約100点弱だそうで。

シャガールの青、赤、緑。
シャガールの色をしっかりと見せてもらいました。
幸せな心で描かれた絵はとことんしあわせ。

ユダヤ人として生まれた彼は
海を割ったモーセから、モーセ・シャガール(モイシェ・セガル/Moishe Segal)
という名をつけられた。
ロシア名がマルク・ザハロヴィチ・シャガル。

ロシアに生まれたユダヤ人としてパリへ行ったりロシアに戻ったり
ナチスドイツに迫害され亡命してアメリカへ渡ったり。

今までは“よくわかんないけど、なんだかきれいな色の絵”。
今日からは、見方が変わりました。
言葉では表せないですが、今は少しだけわかったような。
絵が主体ではなく、画家自身が主体のような。

モーセという名をつけられていたこともあり
聖書に特別の想いがあるようです。

ダフニスとクロエや
千夜一夜物語の挿絵展示もあり。

とにかく見方がかわった展示会でした。


◆常設展

ピンからキリまで。
もうこれはまた行くしかない!!!!

また良い絵が揃ってるし。

ドラクロワコローセザンヌルノワール
モネゴッホローランサンレオナール藤田。
マグリットダリ。
日本画もかなり感動もの。

青いゴッホ初めて見た。
ポスターにおっきく出てるルノワールの帽子の少女展示無くて残念。

若干ダイジェストな雰囲気ありますが
これでもかこれでもか作戦は必ずおきにいりの一枚があるであろう贅沢さ。
すごい。

リピート確定です。
ドガが見られなくてすっごく残念。
また行くでしょう。

愛知万博その他。

その他もろもろ。
後日アップ予定。
PICT3961.jpg

PICT4031.jpg

PICT3963.jpg

longcrowd.jpg

PICT3956.jpg

オーストラリア館@愛知万博

入ってすぐの真っ暗闇での映像は、
最前列で見てたにも関わらず
なんか声が小さくて細かい内容はわかりませんでした。
自然の歴史から今までを模型に映像を重ねて説明。
バオバブの木がどーんとありました。

↓でっかいカモノハシ。ソファーの様に座って休憩可
毛がさわさわで気持ち良い♪ 
kamo.jpg
きれいな川にしか住めないカモノハシのために
オーストラリアの川の大掃除が行われて
その数は増えつつあるそうです。そして。。。
↓Moreへ

 

続きを読む

シンガポール館@愛知万博

 シンガポール館前で休憩していた美人さん。
超かわいくてかわいくて、今日一番。
お花がかわいいと言ったらそばにいたこの子の身内の方?が写真を一緒にどうぞどうぞとすすめてくれた♪
PICT4008.jpg
実物はもっと可愛いよ。
 
 シンガポール館は盛りだくさん。
図書館を模した部屋には本と見せかけたシンガポールの人々の思い出の品々が本の中に展示されていて、もっともっと見たかった。

お父さんにもらったアンティークの壊れたおうち型鉛筆削り。
手作りのポシェット。
本。
大学時代に持っていた本を入れていたカバンの鍵。
日本のお弁当のケース???などなど。
宝物のような、要らない物のような。。。

book.jpg
↑焼き菓子の型。

ちっちゃい頃、300円の宝箱(中身は秘密)が好きだった人には
たまらないかも。

多少ん?という当たり外れありますが。


下記の説明はまた後日。
PICT4010.jpg

PICT4011.jpg

PICT4015.jpg

プロフィール

caco♪

  • Author:caco♪
  • お茶と芝居と音楽の日々。
    娘が生まれ、ハンドメイド魂に火がついたかも??
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。