FC2ブログ

入院6日目。手術終わった!!

麻酔が覚めた話から。
手術中は、何か夢を見てました。忘れちゃったけど。

『ふたつとも(迅速診断)良性だったよ~~!!』
っというA先生の声が遠くで聞こえ、顔が目の前にあった記憶あり。
一回意識が途切れて、看護師さんと麻酔の先生に囲まれてるのがわかる。
『caco♪さ~ん、わかりますか~??終わりましたよ~、今16時20分!!』
『。。。あ~、はやかったですねぇ。。。さっきA先生、良性って言ってました~。。??』
『うん、ふたつとも良性でしたよ~~』
『(よ、良かった~。。。とりあえず。。。)。。。うっ、このマスク、ゴム臭いんですけど。。。』
『あー、じゃはずします??』


ここで大事件勃発!!!
マスクをひっぱって口から話してくれた看護士さんがうっかり手をすべらす。

ぱんっっっ、と音をたて私の顔に元通り。痛いよ。
わははっとみんなウケてた。私もかなりウケた。
ばかばかばかーっとその人をぽこぽこ叩く。(実際はへろへろ。)

『コントみたい。』
。。。と麻酔の先生が言ってたの、聞き逃さなかったよ~~。

そして外へ。
待っててくれただんなさまたち一同は、余りの速さにちょっとびっくりしてたらしい。A先生が出てきて、摘出した腫瘍も見せてくれたらしい。説明もしてくれて、それが15時30分。(予定は14時~16時。)
だんなさまの指をはなさないでエレベーターに乗ってたのは覚えてるけど、部屋に戻るまではぼんやり。一旦父母母が席を外してだんなさまが手をにぎっててくれてるのもぼんやり覚えてる。
『…こんなにすぐげんきになるとおもわなかった~。。。』
って言ったのも覚えてる。
『あ、自分で元気だと思ってる?』
ってだんなさまが言ってるのも。
どうやら見た目へろへろだったらしい。
手もすっごく冷たかったんだって。
徐々に徐々に手があったかくなってきて、そのころ父母母が部屋に戻ってきてくれる。
『あ~、生き返ったね~♪』
手があったかくなり、父母母安心して帰宅。
だんなさまは夜までいてくれる。

鼻に酸素のチューブを入れてるからあんまりかわいくないねぇ。
でもまあ、記念撮影(?)したり、徐々に麻酔から醒めてった。
生きて帰ってこれて、本当に良かった。

この日の夜はリンカーン見て3時間おきに目が覚める。
痛みなし。ガスOK。自宅でおおきなグラスになみなみとコーラだかビールだかがそそがれていて、それをぐーっと飲んでる夢を見る。なんだー、手術の方が夢だったんだーっと夢の中で思ってる夢。
翌日昼前まで水が飲めないので、冷たい水でのうがいが本当に気持ちよい。

→入院7日目。術後1日目。

入院四・五日目。手術当日。

4日目。だんなさまは昨日新宿でオール映画、何本も観たって。
朝帰りの電車で自宅に向かってる所に電話。午後だんな母が来るって。夜もう一度電話くれる♪
今日は朝から仕事一本。できたー。あと少しだ。なんとかなるね。良かった~

病院にいっぱなしだとなんだかんだで時間は過ぎる。
あそうそう。窓際の人が退院していったので看護士さんに交渉したらあっさり窓際ベッド確保―♪ぐっと広くなって外も見えて嬉しい♪ま、ビルだけど。
今朝は九州で大被害を出してるでっかい台風の影響で朝は大雨。そして夕焼け。
向かいのビルに移りこむサーモンピンクの空と雲が美しかったー♪
今夜は腸内洗浄して21時以降から飲食禁止。それまではなんでもオッケーだというので、コーヒーでも入れましょうか~。。。♪

5日目。手術当日。
昨夜プレイルームでまんがを読む13歳の女の子とおしゃべり。
二回目の入院でしあさって手術だそうだ。エレクトーンを習っているとかで、10月2日が誕生日。一曲弾くと続けてメロディーを弾くので伴奏付けしたらよろこんでた。
今朝は遊ぼうというので、スコアメーカーをいじらせてあげたらヘドウィグのテーマを入れて喜んでたー。楽譜は編曲途中。復活次第やろう~~~。

だんなさまと義理母がもうすぐくるみたい。
うちの父母は11時頃駅に到着。今10時35分。
さっき腸内洗浄と昨夜から飲まず食わずのため点滴開始。急に病人っぽいー!!

さ、もう仕事はせずに手術突入。

(注:この後、13時にストレッチャーで手術室へ移動。だんなさま初め、父母に義理母み~んなが手術室前までつきそってくれて鼻ぐしゃぐしゃになる。手術室前はなんと渋滞。10分待ったかなぁ。いよいよ中へ。みんなとばいばい。無事戻ってきたくてちょっと悲しくなる。
扉を開けたまま名前の確認。手術室へ入ってから再び名前確認となんの手術をするかも自分で言わされる。取り違え防止だろうね。
そして!!
一番恐れていた背中への注射。硬膜外麻酔。頭を抱える感じでぐーっと小さく丸まり、注射。怖くて怖くて看護師さんにしがみつく。
痛み止めだからねぇ~っとなだめられつつ背中に注射。
ふー。これは痛い。
で、上向いたら鼻かみましょうね~っという看護師さんの声でティッシュを待っていたら、麻酔の先生にマスクをかぶせられる。
『あ、今ティッシュを。。。』
といったらはずしてくれたものの、すでにガスをすってしまっていて
目が白黒白黒し、ぐらぐらぐら~っ。うお~~~
なんとかティッシュ使ったけど、もう死ぬ~って感じ。
マスクして
『深呼吸して~』
とか言われたけど、すでに呼吸できなかった。
“。。。私、息できないよ、死ぬ死ぬ~~。。。”
っと思ったらもう真っ暗。)

→6日。手術終わった!へ。
D1000387.jpg

入院三日目。。。病院を抜け出し??

三日目。昨日に引き続き仕事。
外出許可を取り髪を切る。
襟足を残してくしゃくしゃ感のあるショート。かわいい♪
自分でいうのもなんなので出てすぐだんなさまに電話するも出てくれない。
(映画行く途中の電車の中だったらしい。)
それにしてもカット後のマッサージのすごかったこと。
肩の方もやたらうまいし長いしつぼの置くまでぐ~っと入ってくる感じ。
さらにハンドマッサージまで。これはすごいサービスだ~~

で地下でおいしいドリップコーヒー一式を買って
~中略~
で帰病院。
ずいぶん仕事してるんだけどまだおわんない~。
誰かに髪型つっこまれるかな?っと思ったけどまだ初対面の看護士さんがほとんどなのでどうやら問題なし。それか大人の反応かね。
→四日目へ。

D1000386.jpg

入院二日目。

引き続きリアルタイム日記。

二日目。
朝6時起床。昨晩は一回だけ看護師さんが布団が落ちてたのかベットの柵をかたっぽ上げに来てくれたのを微妙に覚えてるだけであとは熟睡。
今朝は少し寒気がするので心配。お腹がやられてる。37度前後。
今朝のメニューは厚揚げ煮にほうれんそうの味噌汁。アスパラの和風ドレッシングサラダ。ごはんおいしいなあ。
食事をTV見ながら食べてると、担当医のB先生という女医がいらした。はきはきと元気な感じ。昨日の一番に話したC先生は研修医って感じだけど、こちらの先生は主治医のサブって感じ。C先生は診察しっかりされて、時間をかけて聴診器使ったり既往症を訊いたりしてきたけど、B先生はあっさり。
「もうA先生とお話されたんですよね~」っということで特に無し。
っていうか、「すいませ~ん」っとカーテンを開けられたときに右のイヤホン外したら
“…ぼちゃっ。。。”
とかいってほうれんそう味噌汁に浸ってびっくり。ほうれんそうごと救い出し、今のところ正常を保ってる。

8時にだんなさまにらぶこーる。いってらっしゃい。
薬剤師さん見える。最初に看護師さんに話した黒い生えびでかゆくなることを訊かれる。他に喘息、アレルギーの有無など。
お腹があんまりひどかったら整腸剤をくれるって。

昼間は仕事。
集中していてお昼ごはん持ってきてくれた看護士さんに異常に驚く。
メニューは“のっぺい汁”だって。豚汁のように見えます。
ブリかな?の照り焼き。なます添え。金平蓮根。うまいうまい!!

午後は主に仕事。
♪ちゃんが夕方面会に来てくれるとメールをくれる。
うれしいなぁ。
ぎりぎりまで仕事し、ちょっとおめかししてスタバへ。左腕のバーコードがうっとおしいのではずしたりして。
抹茶フラペチーノとクッキーとかをごちそうになり、べらべらしゃべる。散々♪ちゃんに検診を薦めてばいばい。おいしいお菓子をもらったよ♪

部屋に戻るとごはんがきてた。
玉葱味噌汁にポークソテー。ミックスソテー←ミックスベジタブルの炒めたの。カレー風味のもやしサラダ。うまいがさっきのクッキーが効いてるのでおかずをメインに食べる。
気づくとお風呂の時間。
うーん早いなあ。髪も洗ってさっぱり。だんなさまタオルを追加注文しないと。

夜夫の実家に電話。19日に来てくれるって♪
さて、仕事仕事。

→三日目へ。
D1000367.jpg

さあ入院!リアルタイム版。

ここからは入院中の日記を転載。
仮名でお送りします♪

1日目。
朝から雨。タクシーで駅へ。
T駅♪番出口を出た所で畳の和スリッパ購入。千円。
T病院入院受付。やはり小児科部屋とのこと。(注:婦人科に空きが無く、小児科病棟に入院した!!)
三人部屋の真ん中。せまい。だんなさまとまったりすごす。
DSにパソコンに本にDVDに。。。手術以外は快適そう。
X線と心電図の検査のためお昼ごはん食べてから院内をうろうろ。
メニューはカレー。おいしい。
だんなさまは一口食べて“これは見ていたほうがよいの?”と消える。
鑑賞とのこと。
検査はあっという間に済んで母がきた。
抜け出してスタバで一服。
プレイルームで脳トレにはげんでるところをだんなさまに見られる。
夕方帰宅。
夕飯はサバ焼き。おいしい!完食。
食事中に麻酔科の先生の説明を受ける。入ってきたときちょっと吉岡秀隆っぽかった。しゃべりを聞いて前言撤回。
手術前にまず背中に麻酔注射。痛そうだ。。。
マスクから出る全身麻酔の気体に匂いがあるのかどうか聞いたら
特に無いそうで。色は無いのか訊いたらちょっとウケてました。紫とかだったら怖いよって。筋弛緩剤を打たないと、人間は意識が無くても手術中暴れるそうだ。全身麻酔では呼吸もとまるから人口的に呼吸をさせるそう。あごが普通に大きく開くか訊かれた。
楽しく説明を受けサインしたが、後で確認したら先生が書いた部分の私の名前の読みがまちがってた。ので看護師さんにちくる。ついでに後で主治医のA先生にもちくった。

主治医のA先生は午後手術と総回診の後カンファレンスしてくれるとのことで遅い。
19時半回る。だんなさま寝る。その間シャワー。
A先生の手術に関する説明を聞く。
思っていた通り。
20年前から使っているという(大丈夫なのか?)英語の文献の色つき絵で説明してくれた。
なんかすごい。もしもガンだったらぼこぼこが見えるらしい。それは無さそうとのこと。
お腹横切りで、まずは迅速診断及び一週間後の確定診断。
だんなさまと話した通りに先生が進めてくれることがわかったのでそのままOK。
チョコで白か黒かはっきりつけるとのこと。
はっきりしてもらおうじゃないの!!
→二日目へ。
D1000361.jpg

プロフィール

caco♪

  • Author:caco♪
  • お茶と芝居と音楽の日々。
    娘が生まれ、ハンドメイド魂に火がついたかも??
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク